Activeワークフロー >> Local PC >>  Molecular Simulation Active Workflow


Molecular Simulation Active Workflowは、モデリング、ドッキング、MD(分子動計算)を全て行うプログラムです。 このワークフローは、各SOAPサービスをKNIMEのノード(コンポーネント)として使用しています。


<<ダウンロード>>


インストールと使用方法については各バージョン用のマニュアルを参照下さい。

・ Molecular Simulation Active Workflow (Windows版)
Molecular Simulation Active Workflowの実行には以下のファイルが必要となります。 (クリックするとダウンロードが始まります)
1. KNIMEパッケージ (.zip zipped file)
2. KNIME及び組み合わせ型Active Workflowのインストールマ>ニュ アル
3. 組み合わせ型Active Workflowユーザマニュアル
4. readMe


・ Molecular Simulation Active Workflow (Linux 64bit版)
Molecular Simulation Active Workflowの実行には以下のファイルが必要となります。 (クリックするとダウンロードが始まります)
1. KNIMEパッケージ (.tgz gzipped file, 64bit)
2. KNIME及び組み合わせ型Active Workflowのインストールマ>ニュ アル
3. 組み合わせ型Active Workflowユーザマニュアル
4. readMe


・ Molecular Simulation Active Workflow (MacOS版)
Molecular Simulation Active Workflowの実行には以下のファイルが必要となります。 (クリックするとダウンロードが>始まります)
1. KNIMEパッケージ (.tgz gzipped file)
2. KNIME及び組み合わせ型Active Workflowのインストールマ>ニュ アル
3. 組み合わせ型Active Workflowユーザマニュアル
4. readMe

Modelling, Docking, MDテスト用サンプル配列
Sample.fasta (fasta format)

Docking, MDテスト用サンプル
3TNV.pdb (target, only A chain, ligand-removed)

Molecular Simulation Active Workflowは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされております。credit (reference)はreadMeを参照下さい。

Creative Commons License
Molecular Simulation-K is licensed under a Creative Commons 表示-非営利 2.1 日本 License.

企業等で営利目的のご利用の場合は、ご相談ください.